ネット広告に関する問題提起が低いレベルで止まっていて本質的な課題が語られていないので、少し考えを纏めてみましたという論考

【まだ文章の構造だけ作ったドラフト!】

広告業界で尽きない問題

  • 電通のネット広告部門で新卒社員が過労死した事件
  • Buzzfeedが自分達の記事広告を「記事広告ではありません」と言ってる件
  • ヨッピーが「記事広告にPRなんてつけない」と言って炎上してる件

問題の遠因となる広告業界の勘違い

広告費は露出への費用かパトロネージュでしかない

  • 基本的には広告は「商品を認知」させ「商品を購入する意欲を高める」までしかできない
  • 従って経費としては変動費であり、お金の取り方は基本的には露出への対価しか取るべきではない

  • 敢えて費用対効果を見ずに自由に作品を作らせることもあるが、これは短期的にはパトロネージュと捉えるべき
  • そうやって表現力が高いクリエイターが広告業界に存在することで、いつか「よりよい広告に関わってくれる」ことへの期待
  • あと、単純な社員やファンへのサービス 「あのCMはパパの会社なんだぞ」「僕の使っているサービスはTV CMも続いているからオワコンじゃないんだ」

なのに、なぜか「年間予算で固定費」とされる広告費

  • 広告費はコントロールしやすい支出に思われがち
    • TV・ネット以前の時代には面ごとの費用が大きく変わるわけでもなく計画はしやすかったはず
    • TV広告の時代も、広告代理店が適当な詰め合わせで予算に合わせた消化をしてくれた
  • 一方、支出した理由も屁理屈を作りやすい支出でもある
    • 一定以上露出すればなにも効果がでないわけがない
  • 結果的に「広告屋と繋がっている宣伝部門の既得権益」として固定化される

###